「運」は神様のギフトなのか?  強運になる!!

心の問題というのは、いつの時代でも普遍的な問題なのですが、

個人的なことなので、あまり語られることはありません。

imagesCAFI3I6V

僕は、『強運』というキーワードで情報発信しています。
調べれば調べるうちに、『強運』というのは、

心の働きと密接に結びついていることがわかってきました。

でも、その領域は、哲学や精神医学、
心理学、宗教の専門分野になります。

 

とりわけ、「死」に対する考え方で、

 

心の問題の扱い方は、ふたつに分かれます。

 

「死んだら、心の働きは終わる」

ということでいえば、

哲学、精神医学、心理学の説明で、事足ります。

 

しかし、

 

「心=魂であって、人は肉体的に死んでも、魂は生き続ける」

という話になると、宗教での説明が必要になります。

 

 

で、

 

 

で、ですよ。

僕は、特定の宗教を信仰しているわけではありません。

無宗教です。

 

 

皆さんを、特定の宗教に勧誘する意図は毛頭ないです。

 

 

僕と同じように

大体の日本人は、無宗教だと思います。

盆暮れに葬式で、宗教とかかわる程度です。

 

 

日常的に、宗教的な会話をして、

魂の存在や、生死について、意見を交わしているわけではありません。

 

 

でも、

困ったときの神頼みで、
病気になったり、事業に行き詰まったり
人生のなかで、努力ではどうにもならない出来事に
ぶちあたったときに、

人は、最後の最後で、どうしても
神仏の問題に、たどりつくと思います。

 

 

動物はなにか信仰して生きているわけではありません。

 

 

でも、人間には、信仰があります。

人間を越える存在に、畏怖し、祈ります。

 

 

なぜならば、

人間は、生きる意味を考えるからだと思います。

 

 

動物は、生きる意味を考えません。

動物は、おのれの本能に従って生きるだけです。

 

 

でも人間は、本能とは別に思考力を持っています。

思考力といっては、漠然としていますが、

具体的にいえば、意思や、理性、智慧などです。

 

 

だから、生きる意味を自問自答します。

 

「死んだらすべて無に帰る」

と考える方もいると思います。

 

 

そうだったら、今、生きている意味は

おそらく、ないといえるでしょう。

 

 

自分勝手に生きて、死んでも、、最後はすべて無になります。

 

社会生活を営んでいる以上、自分勝手に生きたら、

人間はいつか滅びます。

 

 

すべてが無にになるまで、生き続ける愚かな生物です。

 

とっくに滅んでいるかと思います。

 

 

しかし、

仮に、魂は永遠に生き続けて、どこかでまた生まれ変わるとしたら、

今、この世に生きていることは、魂の修行として意味を持ちます。

 

 

では、誰が魂の修行しろというのか?

キリスト教、仏教の考え方では、
それは、神仏です。

 

 

自分勝手に生きるだけでなく、

一緒に行きている仲間を助けて、

素晴らしい人間になって、魂をみがいて

あの世に戻って来いと、神仏が命令したのです。
こういう考え方するのが仏教やキリスト教です。

 

 

とりわけ、原始仏教がこの考え方に近いそうです。

 

 

ただ、あまりにも過酷な運命があれば、

人間は、魂の修行の途中で、脱落してしまうから

「運」というかたちで、神仏がサポートする。

 

 

そう考えると「運」というのは神様のギフトです。

 

 

きちんと魂の修行した人には、「運」が巡ってくる。

 

 

そういう説明があれば、納得しやすいわけです。

誤解しないでほしいのは、

必死に神に祈れば「運」が巡ってくる

ということではありません。

 

 

仏教の考え方は、

自分のため、そして人のために、頑張っている人に

「運」が巡ってくるといいことです。

 

 

原始仏教のお釈迦様の教えというのは、

他力ではなく、自力をを大切にします。

 

 

現在、世間で信仰されている仏教は、

先祖供養や、お経を唱える、お布施で、「運=利益」が返ってくる

という、他力本願の教えが、一般的になってきています。

 

 

この考え方は、原始仏教にはないそうです。

 

 

先祖供養とか、お経を唱える重要性は

原始仏教では教えていないそうです。

 

お経はそもそも、神仏の教えが書かれているのだから、

それを、神仏に向かって唱えても、釈迦に説法なわけです。

 

それよりも、自身の行いを反省して

自分勝手や、傲慢な振る舞いをしていないか

反省することが重要だと、お釈迦さまは説きます。

 

 

こんな感じで、

勉強すればするほど、

宗教的な問題は複雑になります。

 

 

また、オカルトや、スピリチュアル、

そして差別の問題にいきつくことになってしまいます。

 

 

僕は、この問題に関心があって、

皆さんにも共有してほしいと思いますが、

そうすると、メルマガやブログ読んでいるみなさんも

「うさんくさい」「気持ち悪い」と拒否反応が出てしまう気がして、

ちょっと悩みます。

 

 

もともと、宗教や心の問題に関心があって

そちらの話題についてもっと知りたいという方がいれば、

 

こちらのメルマガで、配信していきます。

『運勢と、こころについて』 こちらから登録お願いします。

 

原始仏教の考え方に基づいた「運」についてのお話します。

(特定の宗教団体とは関係ありません。また勧誘もありません。)

主に、宗教批判が書いてあります。

輪廻や守護霊という考え方が、なぜダメなのかも書いてます。

 

 

 ポチッと協力お願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

強運になるためのメルマガです!!

幸運になりたいなら

Twitter Follow me

Facebookページ

 

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す