「心が変われば行動が変わる」 強運になる!!

「心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる」

 

 

野村克也監督や、松井秀喜選手が好きな言葉だそうです。

いい言葉ですね。


「心がかわる」というのは、どういうことでしょうか?

 

 

僕は、

「自分の使う言葉を変えること」だと思います。

 

 

いつも、自分の人生がうまくいかなくて

不平不満、愚痴を言っている人がいるとします。

 

 

そういう人は、

自分の人生がうまくいかないのを、

周囲や環境のせいにします。

 

 

僕はこういう人を見ると、悲しくなるんですね。

 

 

話しかわるのですが、

 

 

僕はテニスを毎週やっています。

 

 

実は、強運について、記事をたくさん書くようになって

かなりテニスがうまくなりました。

 

なぜかというと、

ミスをしなくなったからです。

 

テニスのポイントの85%が自分のミスです。

 

これは、プロテニスプレーヤーも一緒です。

 

 

ミスしなければ、ポイントを落とさなくなります。

 

 

すると、結果的に自然に勝率が上がります。

 

だから、ミスしないように心がけて、

淡々と、相手のコートにボールを返します。

 

相手との我慢くらべです。

 

僕は、テニスにおいては、

無理して思い切り打って、ポイントを取りに行くことは

ほとんどないです。

 

 

なぜなら、チャンスというのは、自分で作るより、

相手のミスで生まれることのほうが、圧倒的に多いからです。

 

 

だから、相手がミスして、本当に甘い球がくるまで、

必死でラリーしてつなげます。

 

 

決して自分から決めにいきません。

 

 

これだったら決められるかな、というボールも、

我慢して、決めにいかないです。

 

 

もう一本ラリーでボールつないで、相手を走らせます。

すると、もっと甘い球が返ってきます。

そういう、ねちっこいプレーになっただけで、勝率がグッと上がりました。

 

 

なぜか、みんなからうまくなったとホメられるようになりました。

 

 

僕のテニス仲間は、ラケットを何本も持ってたり、

毎月ガット張替えたり、テニスお金つかっています。

 

その割には、彼らは、すごくミスが多いです。

 

自分で決めにいってミスるんです。

 

力まかせに打って、ネットしたり、アウトになったりします。

たまに奇跡的なショットがまぐれで、決まりますけど、

 

ほとんど決まりません。

 

感情にまかせてテニスすると、勝負どころで自滅することが多いです。

 

 

それを見るたびに、

「道具の問題じゃないんじゃないの?」

と思います。

 

 

アマチュアレベルなら、テニスは道具ではないです、考え方です。

 

 

話戻りますが、僕が、不平不満、愚痴を言っている人を見ると悲しくなるのは、

そういう人が、自分のミスで失点しているのに

 

気がつかないからです。

 

 

 

 

「心を変えれば行動がかわる」

 

この言葉の「心」の核心というのは、

 

テニスでいえば、「自滅ミスをしない」ことだし、

 

人生でいえば、「不平不満、愚痴を口にしない」ことだと思います。

 

心がけを変えるだけで、

100人位いたら、ベスト20位に入ります。

 

それより下の80人は、

自分のミスで沈んでいくのです。

 

自分との戦いに敗れて消えていきます。

 

 

道具のせいにしたり、周囲や環境のせいにしたりするのは

ナンセンスです。

 

 

どうしても愚痴っぽくなるときがあります。

不満やあふれることもあります。

 

 

そんなときは、トイレでこっそり叫ぶなり、

車の中で歌って発散するなりした方がいいです。

 

 

 

不平不満、愚痴を言わなくなれば、周囲の人は驚きます。

見直すかもしれません。

 

 

 

そうすれば、応援してくれる人もきっと現れます。

 

 

結果的に、周囲が助け舟を出してくれて、「運が」良くなるでしょう。

 

 

でも、応援してくれる人はなかなか現れないかもしれません。

 

 

そんなときでも、我慢強く待ちましょう。

 

 

「運」も待っていないとやってこないですから。
 

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

強運になるためのメルマガです!!

自己重要感を高めるコラムセミナーのご案内

読書習慣マスタープログラムのご案内

Twitter「強運になるための方法」

Facebookページ「強運になるための方法」

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

強運になるショップ

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す