ギャンブルでカモになりやすい人の特徴 強運になる!!

「ハンカチ落とし」や「椅子取りゲーム」

「トランプのババ抜き」は負けやすい人がいます。

hankati

ホットポテト理論ってご存じですか?

ファニタ・イングリッシュという心理学者が提唱した理論です。

 

以下のサイトのまとめ読んで、知りました。

 

アメリカにはホットポテトというゲームがあるそうです。

日本でいう「ハンカチ落とし」や「椅子取りゲーム」です。

トランプでいうとババ抜きです。

 

sponsered link



 

最後までハンカチやババを持っている人が

負けという簡単なルールのゲームです。

 

 

「ホットポテト理論」は

ババを最後に引いて敗者になりやすい

人の性格を分析した理論です。
それによると、

敗者になりやすい人の特徴は

「傷つきやすく、支配されやすく、いじめやすそうな人」

だそうです。

つまりは

自己重要感が低く、他人の評価や欲求に、

意思を左右されやすい人です。

なおかつ、自意識過剰な人です。

 

自意識過剰なので、周りから与えられた役割を

積極的に、自分の運命として引き受けて、

自分の本来の意思や欲求を抑圧します。

 

性格としてこのような特徴を持つ人は、
ゲームの中で自然に敗者に選ばれて、
負ける確率が高くなるそうです。

 

これが、「ホットポテト理論」だそうです。

 

つまり、ババを引く人は、

『ババを引いても文句も言わず泣き寝入りする人』

ということらしいです。

この理論一読すると「あるある」なんですけど、

なんか、ものたりない感じがしました。

 

ちょっと、単純化しすぎのような気がします。

集団心理としては正しいと思いますが、

経済原理としては正しくないというのが

僕の感想です。

 

 

では、僕なりの「ホットポテト理論」の解釈を説明します。

 

「ホットポテト理論」とは、

何回もホットポテトを繰り返すと

ゲームのグループの中に、イカサマ行為が生まれ

あるターゲットがカモにされるということだと思います。

 

 

この説明からいえば、僕が思うに、

「傷つきやすく、支配されやすく、いじめやすそうな人」

という性格が、敗者になりやすい条件ではなく、

「カモにされているに気がつかない鈍感さ」

のほうが、もっと重要な敗者の条件だと思います。

 

負ける役割を、泣きながら引き受けるというよりも、

おだてられて罠にはめられる役回りですね。

 

実は、「泣き寝入りする人」というのは、

イカサマに「鈍感」なんじゃないのでしょうか?

僕はそう思います。

 

 

そのカモにされやすい鈍感さというのは、

むしろ、「お人好し」にあるような気がします。

 

 

確かに敗者の特徴は

「傷つきやすく、支配されやすく、いじめやすそうな人」

なのでしょう。

 

でも、経済原理からいうと、

泣き寝入りしやすい人が、ババを引き続けるのは非効率です。

 

 

なぜなら、どんなに、泣き寝入りしやすい人でも

負け続ければ、やがて「ホットポテト」が嫌になって

二度と参加しなくなってしまうからです。

その場所から、いなくなってしまいます。

 

これだと、「ホットポテト理論」は、逃げ場のない

刑務所とか強制収容所といった閉鎖空間でしか

当てはまらない理論になります。

 

sponsered link



 

これだと、心理学的説明として

ちょっと弱いんじゃないかなと思います。

 

 

敗者のターゲットとなる人にも、うまくだまして、

ホットポテトに参加させ続けなければ、

「ホットポテト理論」は成り立たないのではないか?

 

そう僕は思います。

 

 

特定のターゲットを集中的に、いじめるために、

一人にババを引かせ、負けを押し続ければ、

楽しむためにやっていたホットポテトが、

やがて、集団リンチの現場になります。

 

一人をいたぶることが目的なら、ゲームなんて誘わずに、

最初から泣き寝入りしやすい人を、

問答無用でリンチした効率的です。

 

でも、そうしないのは、

経済原理が働いてるからではないでしょうか?

 

では、その経済原理とはなにか?

 

「ホットポテト」がゲームである以上、

やはりギャンブルのような経済原理が働きます。

 

それは、誰かが得して、誰かが損するということです。

 

ホットポテトには、「いじめる-いじめられる」だけでなく

「得する-損する」というもうひとつの原理が働くのです。

これが経済原理です。

 

 

心理学的説明なら、ホットポテト理論は、

泣き寝入りする性格の人が、ババを引き続けて、

運の悪さを積極的に引き受けるという話になります。。

 

 

しかし、経済原理からすると、

自ら、喜んでババを引き続ける人を候補を探し

その役割にふさわしい人に長く負け続けさせるという

仕組みが考えられます。

 

例を上げて説明します、実際はこうなります。

 

ホットポテトが何度か繰り返されるうちには、

お人好しで鈍感な人をターゲットとして見つけて

その人に多くのババを引かせるように、

だましていこう、という嫌な集団意思が形成されていきます。

 

だまされている当人は、鈍感なので、

そんな邪悪な集団意思が出来上がっているのに気がつきません。

 

自らも、みんなと同じように参加して楽しんでいるように、信じています。

 

このように、一人をターゲットとしながら

ホットポテトを楽しんでいる雰囲気を維持して

ゲームを継続していきます。

 

しかし、その裏では、お人好しで鈍感な

ターゲットを負けさせるという集団意思も着々と固まります。

 

ターゲットは負け続けますが、当人は鈍感なのでおかしいなと気づきません。

 

明らかなイカサマが行われていると、

ターゲットが気がついて怒りだすまでは。

ゲームをやめさせないように、みんなの集団意思でだまし続ける。

 

この方が、現実的なんじゃないかと思います。

 

で、ここでは、皆さんうっすら感じる「いじめ問題」にはふれません。

 

ホットポテトがルールのあるゲームだというのが重要なんですね。

 

ルールが存在しているから、イカサマがないのが前提なわけです。

 

ここで、より深く「ホットポテト理論」に

突っ込んでみたいので、ギャンブルのシステムを

比較材料として、考えてみたいと思います。

 

ゲームではなく、金銭が絡んで

射幸心を煽るギャンブルの場合です。

 

 

賭場でも、カジ◯ノでも、パ◯ンコホールでも

売上に貢献してくれる金払いのいいよく負ける

お客さんが理想客なわけです。

 

いわゆる上客です。

カモです。

 

たとえば、

そういう上客になりそうなお金持ちで

ボンボンなお人好しの客が来店します。

 

賭場にいる常連メンバーなり胴元(賭場を開いている人)が

最初から、彼を大負けさせて、

ケツ毛まで毟り取るかのように襲いかかるかというと、

おそらくそんなことしないと思うのです。

 

 

初めて行った賭場で、ボンボンである彼が

ボロボロに負ければ二度と来なくなります。

 

これでは、一度しかカモにならなかったことになります。

 

賭場にお金が集まるには、また新たなカモを

探して連れてこなければといけません。

 

これでは、非効率です。賭場も長持ちしません。

 

だから、カモになりそうなボンボンが来たら、

ビギナーズラックを見せかけて、ある程度勝たせせて

最初のうちは、気分よくさせて、帰らせます。

 

そうすれば、その後も、そのボンボンが、

また勝ってやろうなんて欲望をぎらつかせて来店します。

 

なぜなら彼は、鈍感だから。

 

(一度勝って二度と来店しなければ、それはプロです)

 

そうやってボンボンを何度も通わせておいて

「お人好し」をカモとして育てたほうが、

最初にカモって、ボロボロに負けさせて潰すより

彼が、トータルで賭場で負けて落とす

お金は大きくなります。

 

そのボンボンは、賭場にすっかりハマって、

やがて理性を失い賭ける金額が増えていくはずなのです。

 

その様子の変化をが、賭場の常連メンバーや胴元は

内心ほくそ笑んでみているはずです。

 

 

経済原理からいえば、

客をなるべく楽しかったと錯覚させて来店させて

見込み客をカモとして長い時間かけ育てていくほうが、

得だと思いますし、利益を出す仕組みとして、安定します。

 

 

気の毒なのは、カモになりそうな客ほど、

「自分はギャンブルに強い」という変な自信やうぬぼれをもっています。

 

そして、手痛く負けても、やせ我慢して

気にしない素振りを見せるのを男の美学だと信じます。

これは、単なる虚栄心です。単なる自意識過剰ですね。

ある種の鈍感だとも思います。

 

ギャンブルは運で勝てるかという話は以前に書きました。

ギャンブルは『運』で勝てるのか? 強運になる!!

 

 

これが仇になって、ひどい人は、

再起不能になるような負け方をする。

 

「ブラックアウト現象」まで突き進みます。

(一成い時代の勝負で負けると、目の前が真っ暗になって

記憶が吹っ飛ぶらしいです。それを「ブラックアウト」といいます。)

 

だから、

 

泣き寝入りしやすい性格の人より、

お人好しで、鈍感で虚栄心が強い性格の人のほうが、

最終的にババを引きやすい。

 

のではないでしょうか?

 

 

これが世の中の仕組みじゃないかなあと思います。

追い剥ぎみたいに、最初に奪いつくすより、

ある程度育てて、何度かに分けて刈り取る。

(嫌な言い方だなあ)

この方が、効率がいいし、誰も見た目には傷つかないです。

 

 

「いや~最後は負けちゃったけど楽しかったな」

で、自分が泣き寝入りとも気が付かず

自分で自分を納得させて終わる人のほうが多い気がします。

 

 

こういう仕組みのほうが、数倍恐ろしいですねどね。

 

 

「ホットポテト理論」は、そういう恐ろしさがないんですね。

 

sponsered link



 

動物みたいにみんなで弱い動物をを痛めつけるほうが

被害が少ないし、まだかわいいんじゃないかと思います。

このほうが自然発生的です。人為的な感じがしません。

 

 

賭場でカモになるような人為的な仕組みのほうが、

実社会は、オーソドックスだと思います。

 

これは、心理学や経済学を応用した、恐ろしいシステムです。

 

その仕組は、一見もっともらしいから、みんなで参加してしまいます。

でも誰かが、必ずババを引いています。

 

それは、もしかしたら我々かもしれません 笑

心当たりありませんか? ドキっ!?

 

投資やってずっと勝っていいる人は、

ここのことわかっていると思います。

 

ウォーレン・バフェットとか日本では竹田和平さんとか。

いわば、バリュー投資の人ですね。

買った時で全てが決まる、基本ホールドの投資です。

 

確かに、泣き寝入りしする人は悪運でを引き寄せると思います。

でも、泣き寝入りしやすい人は、

やがて、ゲームに参加しなくなってしまいます。

こういう人は、割合、小さな悪運しか、引き寄せない気がしますけどね。

だから、損害も比較的小さいと思います。

 

 

一方、おだてられて、欲かいて熱くなって、

ゲームにのめり込む人も、自制心がなくなれば

強烈な悪運を引き寄せる可能性がありますね。

 

でも、鈍感は美徳の一種なので

リカバリーできる可能性もあるから、なんともいえないですね。

 

結論として、

素人がやるようなゲームやギャンブルに運、不運は関係ない。

これが真実だと思います。

メインブログ用

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

コラムセミナーのご案内

読書会のご案内

YouTubeチャンネル「信州読書会」

sponsered link



コメントを残す