必殺!! 人を説得する技術

僕は昔、アルバイトで塾講師やってたことあるんですが
あまり成績の良くない(つまり勉強に興味がない)
生徒に授業を聴いてもらうのに苦労しました。

イマデショ

また、就職して後輩や部下ができたとき、
「この先輩すごいなあ」と思わせるような

説得力のある話をするのも
すごく難しいと思いました。

僕が、成功者だったり、有名人だったら
僕の話を聴いて、いつまでもおぼえてくれると思うのですが、
普通の人なので、しっかり聴いてもらえる機会は少ないです。

そんな僕でも、人に話を聴いてもらって、
なおかつ説得できる技術に気がつきました。

というわけで、

今日は、僕が気がついた

「人を説得する技術」についてお話します。

皆さん、たぶん知ってると思いますが、

『人を動かす』という本があります。

世界で1500万部売れた、自己啓発本です。

その名の通り、「人を動かす」方法がかれています。

デール・カーネギーという人が書いたのですが、

カーネギー本人は、売れないセミナー講師を

長くやってたような人です。

 

カーネギーは、別に実業で成功したわけではありません。

あくまでも、自己啓発本の著者です。

 

僕は未だに『人を動かす』を、読み通していません。

素晴らしい本だというのはわかっています。

以前にも書いたのですが、『人を動かす』は

あまり面白くないです。

読めば、非常にためになることが書いてあります。

正月にはしっかり読もうと思います 笑

 

 

で、なぜ『人を動かす』が面白くないかというと、

この本は、

成功者のエピソードの詰め合わせ本なんです。

カーネギー自身の体験は、あまり書いてありません。

 

カーネギーが、成功者からきいた

「人を動かす」コツについての

エピソードの引用ばかりです。

 

読んでみるとわかりますが、

エピソードの羅列で、読みづらいのです。

 

だから、面白くないのです。

例えば、アメリカ大統領だったリンカーンのエピソードが

たくさん出てきます。

 

 

羅列なので、何度もよく読まないと、

リンカーンのエピソードの

なにが重要なのか、理解できないです。

それくらい、読解力が必要な本です。

でも、リンカーンが黒人農奴を解放した偉大な大統領だというのは

みんな知っています。

 

だから一応エピソードは、ありがたがって読みます。

 

では、

なぜ、この『人を動かす』がこんなに売れたか?

考えてみてください。

 

 

それは、

リンカーンをはじめとする

アメリカ人なら誰もが知っている

偉人や成功者のエピソードの引用だからこそ

1500万部も売れたんです。

 

 

もし仮に、

カーネギーの体験談だったら誰も読まないです。

誰もカーネギーのことを知らないから、読んでもピンときません。

 

 

でも、読者は、リンカーンが偉大だと言うのは、知っています。

一般の読者は、

偉大なリンカーンが『人を動かす』ために心がけていたエピソードなら

しっかり読むし、心動かされるのです。

知らない人の説教なら読みません。

 

ここに、『人を動かす』という本が

ベストセラーになった大きな理由があります。

 

 

では、「人を説得する技術」とはなんでしょう。

もう、お分かりですね。

 

それは、引用されるエピソードが面白い!!

これにつきます。

 

 

みんなが知っている有名人や、成功者のためになるエピソードを

上手に活かして、話が出来る人が、話を聴いてもらえます。

そして、他人を説得できるのです。

 

 

自分の意見をだらだら喋っても、

家族や友人以外は聴いてくれません。

知らない人を説得するなら、とにかく

成功者や有名人のエピソードを交えながら

話したほうが、説得力が出ます。

 

例えば、

このブログでも、

僕の意見には、説得されなくても、

僕が引用した、斎藤一人さんやらイチローやらの言葉には

説得されるし、感心するかもしれません。

 

 

僕が引用したエピソードを

を誰かに話したいと思う、読者さんもいるかもしれません。

 

この宮澤ってやつは、「運」についてよくわからんこと言ってるが、

引用はたまに面白い。

 

と思って読んでくれている読者さんもいると思います。

だから、人を説得するためには引用は重要です。

 

 

人が自分の話を聴いてくれないという場合は、

魅力的な引用をどんどん入れていって下さい。

 

 

で、一つだけ注意して欲しいのは、

誰の発言の引用かを、しっかりさせること。

よくネットで、出典元がわからないような芸能人のエピソードが

感動する話として、シェアされていますが、

 

架空のつくり話だったというケースが多々有ります。

これ、僕も雑にやっていたので、

今後はしっかり引用元を書きたいと思います。

 

 

斎藤一人さんの考えは結構パクってました。

反省です。

 

で、

情報発信したいけど、発信したいことがない人。

そういう人は、とりあえず引用だけで文章作って

メルマガなりツイッターなりFacebookに流してください。

 

 

他人の日記は読みたくなくても、

ためになる引用文やエピソードは読みたいというのが人情です。

興味深い引用文には、

赤の他人から

コメントもらえたり、リツイートされたり

「いいね!」押されたりします。

 

 

コピペは悪いという人もいますが、

出典を明記すれば、OKです。

こういう引用をコツコツやって、

フィードバックをもらって、

人に感心される話のネタや文章のコツを学んで下さい。

 

部下や後輩を説得したいなら、

松下幸之助さんや、本田宗一郎さんのエピソードなど

引用して、話に説得力をもたして下さい。

 

そうすれば、ちゃんと聴いてくれるし、

相手の心の残る話ができると思います。

 

 

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

強運になるためのメルマガです!!

自己重要感を高めるコラムセミナーのご案内

読書習慣マスタープログラムのご案内

Twitter「強運になるための方法」

Facebookページ「強運になるための方法」

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

強運になるショップ

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す