小林秀雄のエッセイ『人形』 第三者から見たあなたの善意について

小林秀雄(1902-1983)という批評家の書いた

『人形』というエッセイを紹介しました。

以前ブログでも書きました。

『人の心の「苦しみ」や「悲しみ」を推し量る』

 

自分と相手の関係をみている

第三者の目があるというお話です。

 

その第三者の目から見て、

自分の善意が、どう見えるか考えてみましょう

というお話です。

 

気合を入れてしゃべったので、よかったら聞いてください。

 

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

強運になるためのメルマガです!!

自己重要感を高めるコラムセミナーのご案内

読書習慣マスタープログラムのご案内

Twitter「強運になるための方法」

Facebookページ「強運になるための方法」

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

強運になるショップ

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す