他人の自己重要感を高めることの道徳的価値

カントの『道徳形而上学原論』を読みながら思ったことを語りました。

「他人の自己重要感を高めることで、自分の自己重要感が高まる」

つまりは、他人をほめたり、他人に感謝したりすることで

めぐりめぐって、自己重要感が高まるというのが

私の「強運になるための方法」という考えの根本にあります。

「他人に対してしてあげたことが、運勢として自分に返ってくる」

という法則が、私は、ある程度妥当性を持って存在すると思っています。

しかし、時として、他人のためにしたことで

自らの生命が危険にさらされることもあります。

 

 

それは、極端だとしても、

多くの人は、他人のためを思ってしたことが、不愉快な経験になった

あるいは「恩が仇になる」

というのを身にしみて感じたことがあると思います。

 

 

それによって、他人のために何かするのは

無意味だと思うようにになることがあります。

 

 

しかし、ある種の人間には「人を助けなきゃ」と思う道徳が心に浮かぶことがあります。

その道徳は、経験的に学んだのではなく、もともと人間の頭のなかにあるのです。

 

これを、カントは「格律(マキシム)」と名づけます。

 

カントは、この「格律(かくりつ)」に道徳的価値があるのであって、

「実際に人を助けたかどうか」という行動結果に

道徳的価値があるわけではないと書いています。

 

この「格律」が、普遍的な道徳の法則になる条件について

『道徳形而上学原論』は説かれています。

 

他人のためにしてあげたことで、命を落としてしまった方について

ずっと、考えるところがあったので、その話をしました。

(風邪気味でお聞き苦しいですが、ご了承ください。)

 

 

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

強運になるためのメルマガです!!

自己重要感を高めるコラムセミナーのご案内

Twitter「強運になるための方法」

Facebookページ「強運になるための方法」

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

強運になるショップ

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す