愛する勇気 ケーススタディー

1383520831h7j7k

 

エーリッヒ・フロムの『愛するということ』の第四章『愛の習練』について

解説してきました。

夏目漱石の『坊っちゃん』に登場する

お手伝いさんである、「清(きよ)」さんが、『愛の習練』を

積んだ人のように思えたので紹介します。

 

清さんは、おばあさんですが、
エーリッヒ・フロムのいうところの
「愛する技術」の高い人です。

無鉄砲で、実の両親から嫌われていた
「坊っちゃん」を、本当に愛しています。

「坊っちゃんはいつか偉くなる」と言って、

坊っちゃん自信さえも信じていない、彼の可能性に

強引に光を当て続けます。

清さんは、もしかしたら、そんなに客観性のある人ではないかもしれません。

あるいは、理性もそんなにないかもしれません。

しかし、坊っちゃんを信じきる勇気を持っています。

その描写があるおかげで、我々読者も坊っちゃんの活躍を期待します。

そんなお話をしました。

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

強運になるためのメルマガです!!

スカイプ読書会のご案内

読書習慣マスタープログラム課題図書一覧
Twitter「強運になるための方法」

Facebookページ「強運になるための方法」

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

強運になるショップ

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す