全世界を凍らせる言葉

1393280831a9upk

吉本隆明さんという思想家であり、詩人だった方の詩に

 

ぼくが真実を口にすると

ほとんど全世界を凍らせるだろうという妄想によって 

ぼくは廃人であるそうだ 

廃人の歌

 

というのがあります。

 

この詩を、私は、学生時代に

「吉本隆明詩集」を買って、はじめて読んだのですが

意味がわかりませんでした。

のみならず、バカにしていました。

 

「真実ってなんだよ」

 

と。

 

 

しかし、最近になって、これは深い意味がある詩なんだ、

と、いままでは、気がつかなかったいろいろな意味で

思うようになりました。

 

吉本隆明さんというのは、

私が学生の頃(15年前くらい)には

もう思想家としては終わっていたし、

読んだ本にも影響受けなかったけど、

私の習った大学の先生なんかは、合宿のお酒の席で

「授業の前に、吉本の新刊読んでいたら、隣のやつも買って読んでた」

と話してくれました。

 

50年前の日本には、吉本現象というべき、強烈な体験があるそうです。

 

吉本隆明が「真実を言っている」と

真面目な学生に信じられていた時代があったのだし、

だからこそ、最後まで真実を言おうと思って、

思想家を名のっていたのだと

最近、ようやくわかって、尊敬の念がわいてきました。

 

「この人真実言っているなあ」

 

と思う人を、見つけてその著作を読むっていうのは、

大切な経験だと思います。

 

(まあ、裏切られることも多いですけど。)

 

まあでも、真実がわからないから人間は迷うし、

苦しむのだと思います。

 

真実をさがして、調べるのは大切なことです。

 

暫定的な真実をみつけて、生きています。

 

 

ただ、真実がわかって、それを誰かに伝えても、

なかかな理解してもらえない。

 

廃人 or 変人だと思われる。

 

どうしようもない孤独の奈落に叩き落とされる。

 

そういうケースもあります。

 

これは、あくまでも、個人的な体験です。

 

真実をいうと、だいたいの場合、周囲の人にさむい思いをさせます。

 

だから、言わないですけどね。普通の人は。

 

それをあえて、嫌われる覚悟で、言うのが、思想家なんだと思います。

 

それで、全世界が凍りつく。

 

そういう感じがビンビン伝わってくる、素晴らしい詩句です。

 

『アンチグローバリズム!!』

 

 

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

強運になるためのメルマガです!!

スカイプ読書会のご案内

読書習慣マスタープログラム課題図書一覧
Twitter「強運になるための方法」

Facebookページ「強運になるための方法」

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

強運になるショップ

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す