自然法、自然権、人権、功利主義について

1366823734tnf14

自然法、自然権、人権、人定法(実定法 ポジティブ・ロー)、功利主義について

音声で解説しました。

政治、経済、社会問題を考えるときに

この分類に従って整理すると、非常にスッキリします。

文学作品を読み解く上でも、大切な切り口になるので

ぜひご覧ください。

 

 

参考文献はこちら

第四章の「『法』をめぐる思想闘争と政治対立の構図」を参考にさせていただきました。

(素晴らしい内容なので、ぜひ読んでみてください)

 

『自然法(ナチュラル・ロー』について


古代ギリシアの哲学者、アリストテレスが提唱。

『人間社会には、それを成立させて、社会を社会、人間を人間たらしめている

自然のきまり、おきてがある』

自然には無駄なものはない。詳しい解説の文章はこちら。

 

 

自然権(ナチュラル・ライツ)について

自然権(ナチュラ・ルライツ) ジョン・ロックが提唱。

「人間はひとりひとりの個人に生まれながらの固有の権利として

“天”あるいは”神の摂理”から『自然権』を与えられているのであり、

これは何人も奪いとることのできない、生得(ナチュラル)の

諸権利(ライツ=正義)である。」

日本国憲法第29条 財産権

『財産権は、これを侵してはならない。』

人権(ヒューマン・ライツ)について

自然権から発展したものが人権

『ひとりひとりの人間が国家に対して、自分の生活を保証するように

請求できる生まれながらの権利』

日本国憲法第25条 生存権

『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 』

ポジティブ・ローと功利主義について

人定法(実定法ともいう ポジティブ・ロー)

『神がではなく、人間が決める』

功利主義(ユーティリティズム)

ジェレミー・ベンサムが提唱

『人間は快楽・幸福を求め、苦痛を避けようとする生き物』という

大原理がある。その原理からいえば

人間の社会は『最大多数の最大幸福』追求することで

成っているという人間中心の考え方。

功利主義は、『自然のきまり・おきて』や『神の摂理』を原理とする

自然法、自然権、人権と対立する。

 

 

ケーススタディー ノラ猫をどうするか?

その対立を見るうえで、野良猫の扱い方で

ケーススタディーしてみました。

この例えを元に、

蛇に絞め殺されかかっている、ノラ猫を助けるべきか? とか

飼い主に、虐待されている近所の犬を助けるべきか? とか

家で飼っていたにわとりを〆て、食べさせたら子どもが大泣きした とか

 

こういう問題をどう扱うか、

自然法、自然権、人権、動物権、功利主義で整理できると思います。

政治哲学者マイケル・サンデルもハーバード白熱教室でやってましたけどね。

皆さんでも、いろいろ考えてみてください。

 

 

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

強運になるためのメルマガです!!

スカイプ読書会のご案内

読書習慣マスタープログラム課題図書一覧
Twitter「強運になるための方法」

Facebookページ「強運になるための方法」

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

強運になるショップ

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す