カフカ『変身』読書会の模様

2014/12/26に地元長野市で、カフカの『変身』の読書会を行いました。

その様子を一部録音したので、ご興味あれば聴いてみてください。

カフカの『変身』を精読する レジュメ

◯なぜ、グレゴールは、虫になったのに会社に行こうとするのか?

◯なぜ、部長(支配人)は、グレゴールの様子を見にきたのか?

◯なぜ、グレゴールの妹は、虫になったザムザを世話したのか?

◯なぜ、妹は母親がグレゴールの部屋を勝手に掃除したら烈火のごとく怒ったのか?

◯なぜ、父親は、グレゴールに林檎を投げつけたのか?

◯母親は、なぜ父親が、グレゴールにとどめを刺すのを止めたのか?

◯なぜ、家族は、居間へのドアを開けたのか?それは虫グレゴールを受け入れたのか?

◯グレゴールが、虫になったというのは、何を意味しているのか?

◯グレゴールは、虫になった後、何のために生きていたのか?

◯グレゴールは、なぜ死んだのか?

◯グレゴールの家族は、グレゴールに理性があると思っているのか?

◯下宿の三人組は、家族にどういう影響を与えたのか?

◯新しいお手伝いは、なぜ解雇されたのか?

◯グレゴールが、死んだことで家族の心境はどうかわったのか?

◯カフカが『変身』で、描いたものは何だったのか?

◯カフカの描いた不条理とはなにか?

 

★グレゴール・ザムザのプロフィール

商科大学を出たあと、軍隊を退役して、5年前に、両親・妹と暮らし始めた。

父親の、事業失敗の借金を、肩代わりしている。

そのために実家に返ってきた。

借金返済には5-6年かかる。

勤め先の「生地卸問屋」の社長に借金がある。

グレゴールは、一店員から、歩合制のセールスマンになった。

結構優秀で、たくさん売上を上げたことがある。

ただいまは、不調で、売掛金の未回収金がある。

唯一の趣味は、鋸細工。

妹を音楽学校に進学させたいと願っている。

肺が弱い、走るのが苦手。

カウンターにいる女の子に不器用に求婚したことがある。

ユダヤ人である。

 

 

★虫になったグレゴールの変化

足が幾つもある。

ネバネバした粘液が出ている。

天井や壁をはい回れる。

視力が著しく落ちる。

新鮮な食べ物を受け付けなくなる。

寝椅子の下にいる事が多い。

 

 

★家族の変化

家具を出して部屋の模様替えをした。

父親は、銀行で小間使いをしはじめた。元の立派な親父に戻った。

母親は下着の針仕事をはじめた。

妹は、売り子になった。

妹は忙しくなったので、グレゴールの世話がいいかげんになった。

父親が一家の中心の立場に戻った。

下宿人を置いたので、グレゴールの部屋が物置になった。

(感想)

物語は、簡単なのですが、グレゴール・ザムザが虫になったことが

何を意味するのかは、それぞれ意見がありました。

 

 

【新潮文庫『変身』ウラ表紙より引用はじめ】

ある朝、目をさますと自分が巨大な毒虫に

変わっているのを発見する男グレゴール・ザムザの物語は、

異常な事件それ自体よりも事件をごくありふれた

日常茶飯事のように語る冷静な報告調の文体によって

読むものにはげしい衝撃を与える。

第一次大戦直後のドイツの精神的危機、

破局の意識からくる絶叫、忘我、新しきものの待望などを

変身した男に託して描き、現代実存主義文学の

先駆をなす傑作

【引用終わり】

 

ポチッとすれば、運勢が上がりますYO♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

メルマガもやっています!!

スカイプ読書会のご案内

Facebookページ「強運になるための方法」

YouTubeチャンネル「スカイプ読書会」

sponsered link

コメントを残す