コラム 『人生相談という自己欺瞞』

人生相談というのは面白いもので、相談内容に、すでに答えが含まれてことが多い。

例えばこのYahoo! 知恵袋の相談だ。代表的な自己欺瞞の症例だ。

『合コン相手の職業によって態度が豹変する友人(女)がいます。男性はこういうのを見抜けないのでしょうか?』

この人生相談には、ウソが含まれている。そしてそのウソが答えである。

この質問を、別の質問に変換してみよう。

『この世に悪魔がいます。なぜ世の中の人は、悪魔を見抜けないのでしょうか?』

 

『悪魔の証明』という有名な命題がある。

すなわち、悪魔が存在しないことを、人は証明できない。

 

なぜなら、悪魔がいると本気で信じて怖がる人たちがいて、

詭弁を弄して、頑なに悪魔を正当化するからだ。

 

同じ話が、イソップ童話にある。

『オオカミがやってくるので、皆に知らせていたら、誰も信じなくなりました』

という羊飼いの教訓話である。

「オオカミが来る」という自己欺瞞にとらわれた羊飼いは

ウソつき扱いされ、やがて、オオカミに食い殺される。

 

人生相談というのは『自己欺瞞(自己正当化・いいわけ)』の産物だ。

 

自分の人生の判断すら他人任せの自己欺瞞のかたまりのような人間は、

恐怖に支配されて、悪魔と契約するものだ。

 

おい、悪魔がいるのは、お前の頭の中だゾっ!!

だとしたら、それを、悪魔だと見抜けるのは、お前だけだゾっ!!

要するに、てめえが、悪魔にとり憑かれているのに

『この世には、悪魔がいるわっ』と、この女は、いらぬお世話をふりまいているのだ。

さっさと気づけ、ブス (すみません、とりみだしました。クルリンパ)

 

『全てのウソは恐怖からはじまる』と、ニーチェは喝破した。

 

この相談者のブスは、婚活において、友人に先を越される恐怖におびえている。

男性によって態度が豹変しているのはお前自身だ。

合コンにやってきた弁護士に、ウソを見ぬかれているのは、お前のほうだ。

自分が魅力のないウソつき人間だということをさっさと認めろ、ブス!!

 

お前の自己欺瞞に他人を巻き込むな!!

(終わり)

コメントを残す