「一番身近で大切な人をほめましょう」 強運になる!!

強運の人は、人をほめるのが上手です。

 

人をほめるというのはむずかしいですよね。

 

身近にいる家族や、仲のいい友人、彼女彼氏など

大切な人にさえ、ほめるのは、むずかしいです。

口先のお世辞でだけでなく、

愛情をもって、ほめてあげるは

とてもむずかしいですね。

 

ほめてもらえば、

ウソでもお世辞でもうれしいけど、

 

ほめたてくれた人が、

何か見返りを求めていたとわかると、

「な~んだ」というがっかりした気持ちになります。

 

でも、自分が見返りを求めて、

相手をほめたときも

相手をがっかりさせていることを

忘れないようにしましょう。

 

ほめるコツがあります。

 

それは、

 

人の結果をほめるのではなく、

プロセスをほめてあげることです。

 

例えば、

 

子供がテストで、良い点とれたことをほめるのではなく、

そのために、授業をしっかり聴いていたことや、

宿題をしっかりやっていたことをほめてあげましょう。

 

部下や後輩であれば、仕事で成果あげたことよりも、

成果を上げるために、やっていたプロセスや

仕事への取り組みの姿勢を

ほめてあげましょう。

 

なぜなら、

プロセスは、

日頃から、

ほめてあげる人のことを観察していないと

ほめてあげられないからです。

 

人はほめられることよりも、

『自分に関心を持って、注目してくれていたんだ』という、

その事実がうれしいのです。

 

特に人が喜ぶのは

夢にむかって

頑張っていることを

ほめられることです。

 

夢を叶えるプロセスをほめてくれる人がいれば、

その人は、夢に一歩近づく可能性が、目の前に広がるのを感じます。

 

そして、勇気が生まれます。

 

その人の自己評価が高まります。

 

 

注意すべきなのは、余計なアドバイスを添えないで、

純粋にほめるだけにすることです。

 

余計な一言が加わると、ほめられた余韻が台無しです。

 

夢を真剣に追っている人ほど

自己評価が、保てないから

みんな悩んだり、不安になったり、

やる気がなくなったりします。

 

一番身近で大切な人をほめましょう。

 

一番身近で大切な人の夢に向かっている姿をほめましょう。

 

プロセスをほめてあげましょう。

 

余計な一言なしで、純粋にほめてあげて下さい。

 

やってみるとわかるけど、実はすごくむずかしいです。

 

それでも、身近な人は、ほめるの簡単です。

 

相手も喜んでくれます。

 

余韻が台無しにならないように、

ほめっぱなしにしておきましょう。

 

くれぐれも、余計な一言を言わないで。

 

それが、しっかりできるようになったら、

今度は、自分の身の回りにいる人を

どんどんほめてあげましょう。

 

 

ほめるのが上手になれば、

きっと、人生が光り輝きます。

 

運気がめぐってきます。

 

お試しあれ。

ポチッと協力お願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

強運になるためのメルマガです!!

幸運になりたいなら

Twitter Follow me

Facebookページ

 

YouTubeチャンネル「強運になるための方法」

ココナラからご相談したい方はこちら

sponsered link

コメントを残す