「感謝してます」 強運になる!!

「感謝してます」と言うのは、難しいです。

 

なぜ難しいか?

 

原因は三つあります

 

一つ目は、

 

 

「感謝してます」と言うタイミングが難しい。

 

 

感謝したい相手に、その場で感謝の言葉を伝えればいいのに、

伝えそびれて、そのまま忘れることがあります。

 

 

二つ目は、

 

感謝すべき相手の行為を、

「あたりまえ」として受け取っている傲慢さがあること。

 

 

ちょっとしたお願いをして、相手が応えてくれたのに

感謝の気持ちが湧いてこないことがありますね。

 

 

お金を払っているのだからサービスされるのは「あたりまえ」

親なんだから、後輩なんだから、やってくれて「あたりまえ」

 

 

「あたりまえ」だと思う傲慢な気持ちが、

あなたに「感謝してます」という言葉を言わせません。

 

 

三つ目は、

 

「感謝してます」という言葉そのものに、抵抗がある。

 

 

「感謝してます」と口にしたことを想像すると

「噓くさい」「はずかしい」「似合わない」など

いろいろ感情が湧いて、言いたくない。

 

 

 

たとえば「感謝してます」なんて軽々しく言って

感謝の気持ちがこもっていないと、

 

 

噓ついているような罪悪感があります。

 

 

そうすると、

「言わないほうがいいや」ってなっちゃいます。

 

 

この3つの原因で、世の中では「感謝してます」という

素晴らしい言葉が流通してません。

 

 

残念なことに。

 

 

でも、

使っている人が少ないからこそ

「感謝してます」という言葉には

インパクトがあります。

 

 

 

「感謝してます」という言葉が、

 

すっと、自然に出てくるのが

 

どういう人が、想像してみてください。

 

あまり思い浮かばないと思います。

 

 

一方、

 

「ありがとうございます」という言葉が

 

すっと自然に出てくるのが

 

どういう人が、想像してみてください。

 

 

こういう人は、すぐ思い浮かびますよね。

 

どこのお店にでも、

 

「ありがとうございます」はあたりまえです。

 

 

だから、インパクトはないです。

 

「感謝してます」と「ありがとうございます」では、

こんなにも、インパクトが違います。

 

だからぜひ使ってみてください。

 

 

心をこめて感謝の気持を伝えることを

 

負担に思うひとは、

 

心をこめないで実践しましょう。

 

心なんかこもってなくてもいいんです。

 

「感謝してます」

 

「感謝、感謝です」

 

こんな軽い感じでもOKです。

 

口にだすだけでいいのです。

 

 

まずは、冗談でもいいので使ってみてください。

 

 

家族や仲のいい友だちにバンバン使ってみて下さい。

 

相手が怒り出すことはありません。

 

 

むしろ、喜びます。

 

 

「ありがとう」ではなくて

「感謝してます」といいましょう。

 

すると不思議なことに、

 

「感謝してます」といわれた相手は

 

あなたに感謝されることを

 

したくなるのです。

 

そんな奇跡がおこります。

 

 

慣れてきたら、苦手な人や、嫌いな人にも

使ってみましょう。

 

 

心なんかこもってなくていいです。

 

すでに、あなたがその人のことを苦手だ、嫌いだというのは、

日頃の態度で、相手にも十分伝わっています。

 

 

そんな人から、「感謝してます」といわれると

なぜ「感謝してます」なんて言葉が出てくるのか

相手は、びっくりすると思いますよ。

 

カウンターパンチくらいのインパクトあります。

 

苦手な人や、嫌いな人から

言われる立場になって考えてください。

 

インパクトありますよね。

 

 

感謝されるようなことしていない相手に

「感謝してます」なんて言われると、

どういう意味だろうと思います。

 

 

相手の心に「感謝してます」という言葉が刺さるのです

そうすると、感謝されるようなこと

してみたくなるのです。

 

人間、不思議なことに

 

相手が嫌いでも、感謝はできます。

 

「感謝してます」が口グセになれば

人間関係が、まったく違ったものになり

強運がめぐってくる体質になります。

 

 

人がやらないことだから、できる人が少なからこそ

「感謝してます」という言葉を、どんどん使いましょう。

 

 

運のいい人が、必ず、やっている ちょっとした習慣のことを、

レポートにまとめました。 「強運になる!!」というレポートです。

 

ダウンロードはこちら

 

メルマガやFacebookページと内容重複しますが、

ご了承下さい。

sponsered link

コメントを残す