カントの『道徳形而上学原論』について 続篇

カントの『道徳形而上学原論』についての話の続篇です。

カントは『理性的存在者は目的として存在する』といいます。

これはどういうことかというと、

理性的存在者である人間は、「~すべし」という

心にもともとある「格律(マキシム)」に従って生きているので

目的として存在するのです。

 

「カントの『道徳形而上学原論』について 続篇」の続きを読む…

カントの『道徳形而上学原論』について

カントの『道徳形而上学原論』を読んでの感想の続きです。

「形而上学」というのは、人間を抽象的な存在として捉えて

考える学問です。

あえていえば、人間を、実験用マウスみたいな存在と捉えて

人間にとっての生死の意味や道徳や幸福について考える学問です。

「カントの『道徳形而上学原論』について」の続きを読む…

他人の自己重要感を高めることの道徳的価値

カントの『道徳形而上学原論』を読みながら思ったことを語りました。

「他人の自己重要感を高めることで、自分の自己重要感が高まる」

つまりは、他人をほめたり、他人に感謝したりすることで

めぐりめぐって、自己重要感が高まるというのが

私の「強運になるための方法」という考えの根本にあります。

「他人の自己重要感を高めることの道徳的価値」の続きを読む…

マインドブロックの解除法 (セザンヌと遠近法)

マインドブロックの解除について

セザンヌの描いた『サント・ヴィクトワール山』と遠近法の関係から

解説してみました。

画像で説明するために、編集もしてありますので、ごらんください。

【参考文献】

セザンヌの構図 アール・ローラン著 内田園生訳 美術出版社

 

「マインドブロックの解除法 (セザンヌと遠近法)」の続きを読む…

マインドブロックの解除法

マインドブロックの解除の仕方について語りました。

人は、

「~しなければならない」という「強制的な思い込み」

「~できない」という「抑圧的思い込み」

に縛られて生きています。

さらには、その縛りに気がつかないように

「心の罠」を仕掛けています。

その「心の罠」をどうすれば取り除けるかお話しました。

こちらは続篇です。

 

「マインドブロックの解除法」の続きを読む…