コラム 『星の王子さま いちばんたいせつな絆(きずな)は目には見えない』

51ED40A812L__SX345_BO1,204,203,200_

サン=テグジュペリの『星の王子さま』は、

地球にやってきた星の王子さまと、砂漠に不時着したパイロットの友情を描いている。

星の王子さまは、パイロットに自分の星のバラについて語る。

「コラム 『星の王子さま いちばんたいせつな絆(きずな)は目には見えない』」の続きを読む…

コラム 『天文学とオリーブ搾油機』

古代ギリシアの哲学者アリストテレスは、「学問して儲かるのか?」と問われて、
ミレトスのターレスというギリシアの賢人の例を上げた。

いわく、ターレスは、人に豊かでないことを嘲(あざけ)られ、
ついでに、「学問は人生に無用だ」と、決めつけられた。

「コラム 『天文学とオリーブ搾油機』」の続きを読む…

雑記

コラム 『睡眠 無意識のコントロール』

『睡眠 無意識のコントロール』

人は、緊張してしまうと、思わぬクセが出て来る。

たとえば、好きな人の目の前にすると瞳孔が開くとか
梅干しの酸っぱさを想像しただけで、ヨダレがでるとか。
人それぞれに、体が勝手に動いてしまうような、無意識の反応がある。

「コラム 『睡眠 無意識のコントロール』」の続きを読む…

雑記